【KAWASAKI Ninja ZX-25RとYSSサスペンション】

兵庫県・神戸海洋博物館内の「カワサキワールド」。
モーターサイクルギャラリーと呼ばれる展示スペースに鎮座する
「KAWASAKI Ninja ZX-25R」。







このマシンが展示される事になったのは、2020年11月22日、大分SPA直入で開催された「九州エンデュランフェスタin SPA直入」を制した功績による。



Machine : KAWASAKI Ninja ZX-25R
Team : Vamos with PSK & YSS・A-TECH Racing
Rider : 清原明彦 塚本昭一 後藤恵治 岩戸亮介 井吉亜衣稀

 



カワサキ・レジェンドと呼ばれる清原・塚本両氏を筆頭に結成された「ドリーム・チーム」。その活躍の詳細は他の媒体でも触れられているため、ここでは
・何故YSSが選ばれたのか
・使用されたモデルと市販品入手時の調整サービス
の2点に絞りお伝えしたい。
 

◆何故YSSが選ばれたのか
 
2020年のある日。YSSの正規代理店であるPMCに訪れたチーム関係者より、

「KAWASAKI Ninja ZX-25Rで参戦する直入のレースにYSSのサスペンションを採用したい」

という提案が持ちかけられた。



チーム編成は先述の通り「レジェンド」を筆頭としたドリームチーム。強力なサプライヤーがひしめく中、なぜYSSに白羽の矢が立ったのか。
 
その理由を紐解く鍵となる、2つの要素に注目してみたい。
 
 
【要素1:世界、特にアジアにおけるYSSの躍進と実績】
 
KAWASAKI Ninja ZX-25Rがどこで生産されているかをご存じだろうか。答えは”タイ”である。
*この事はKAWASAKIの公式ホームページにも記載されている。
 参考:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjazx-25r/
 
そしてYSSの本拠地をご存じだろうか。そう、これも”タイ”である。
 
そのタイを中心に、YSSの新型リヤショック「MR」シリーズの展開以降特に顕著となっているのがYSS搭載マシンのレースにおける活躍であり、近年ではMTM KAWASAKIによる2020年のWSS300シリーズチャンピオン(*2位及び4位のチームもYSS搭載)など「勝利」を手にしたチームのマテリアルとして注目を集めている。



 
 
 
【要素2:MFJ-CUPにおける笠井選手の3連覇達成】
 
YSSが2018年からサスペンションの供給を行っている“TEAM TEC2”。
 
HONDA CBR250RRを駆る笠井悠太選手が2020年11月1日、MFJ-CUP(全日本ロードレース選手権シリーズ併催)3連覇という偉業を成し遂げた。 




百戦錬磨の強者が集うMJF-CUPという舞台で、優勝だけでも偉業である事は想像に難くない。それを3年連続で達成した笠井選手とTEAM TEC2が注目を集めるのは必然と言える。
 
同チームよりナショナルクラスの南博之選手もクラス2位入賞を果たすなど実績の枚挙には暇がない。 




国内、国外で実績を積み重ねるチームに見え隠れする「YSS」という名の最新トレンドは、「勝利」を目指すチームにとってもはや無視する事の出来ない存在となった。そして訪れたドリームチームからのオファー。
 
 
その後、申し出を快諾したYSSはチームにフロント及びリアサスペンションを供給。結果は前述の通りである。YSSは新たな可能性に賭けたチームに、勝利という結果をもって応えたのである。



 
 
 
 
◆使用されたモデルと市販品入手時の調整サービス
 
それでは、直入で勝利を飾ったKAWASAKI Ninja ZX-25Rに使用されたモデルを改めて紹介しよう。
 
【フロント】
品名:OPEN CARTRIDGE
品番:127-C02000001
定価:110,000円(税込)

*画像クリックで商品ページへ移動
 
 
 
【リヤ】
品名:MR456(一部で”MU456”と記載されるモデルと同一の商品)
品番:117-7510027RA(油圧式)
定価:220,000円(税込)

*画像クリックで商品ページへ移動



品名:MR456(一部で”MU456”と記載されるモデルと同一の商品)
品番:117-7510027RR(エア式)
定価:220,000円(税込)

*画像クリックで商品ページへ移動


 
 
リヤサスペンションには、レース仕様のMR(MU)シリーズに加えオンロードで十分にその性能を体感できる「MAシリーズ」もラインナップされている。

品名:MA456
品番:117-0510027
定価:77,000円(税込)

*画像クリックで商品ページへ移動
 


 
 
【入手時の調整サービス】
電話、メール、もしくはECサイトにて直接YSSよりご購入の場合、以下のサービスが利用可能。
 
◆スプリングレートの調整
フロントの標準スプリングレートは7.5N/mmで設定されているが、レースで使用された7.25N/mmに合わせた「直入優勝仕様」などに調整する事が可能。こだわりたいポイントは是非購入時にお伝えいただきたい。
 
フロント・リヤとも直接YSS(PMC)にお越しいただき、ヒアリングを行いながらの調整も可能(要予約)。





今が旬のYSSサスペンションでKAWASAKI Ninja ZX-25Rをレーシーに駆ってみてはいかがだろうか。